気持ちに圧をかけず気楽に人生を生きていくためにも

うつ病の対策

うつ病の対策について

クライエントの女性

うつ病はストレス社会の病で、特に現代病の一つと言われています。 周囲から見れば特別変化が見られない場合でも、本人の中では劇的な心境の変化などが起こっている場合があり、なんだか気だるい、やる気がしないという気持ちが一日中続くのが特徴です。 身体的パフォーマンスにも影響していて、うつ病になることであらゆるパフォーマンスの低下が見込まれるでしょう。 対策としては、ストレスをためないこと、上手にあきらめること、完璧主義をやめることなど様々ありますが、その中でもストレスをためないために、体を動かすというのが非常に大切になってきます。 うつ病にかかってしまった場合、体が動かない場合も多くありますが、それでも動く限りは体を動かすと良いでしょう。

体を動かそう

うつ病対策には体を動かすのが良いという話をしましたが、うつ病が発症すると動くことに対する葛藤というものが生じてきますので、簡単ではありません。そういうときは、ゆっくりと休息をとることが大切です。 休息をとると、体力も精神も回復してきますので、何かしたいと思うまでは休むのも良いでしょう。 ただし、怠惰が習慣になる場合もありますので、注意が必要です。 元々怠惰な人も、少しずつでも良いので、継続的に体を動かすのが好ましいでしょう。 その他には、日光を浴びるというのも大切です。日光を浴びて、セロトニンの分泌を増やすことで、ストレス解消効果がありますので、うつにも効果があると言われています。 うつ病対策について考察いたしました。